子供の心を持ったおやじ56歳

50歳を過ぎて何にでも興味を持って手を出すおやじのお話しなのだ。

53歳オヤジの二輪日記

 

何ともさえない普通のサラリーマンオヤジ。

何を思ったか無性に大型自動二輪に乗りたくなり、ちょっとだけ悩んだあげく意を決して教習所へ・・・

ついに長年の夢であった免許取得に動き始めたのであった。

 

このオヤジ、大学1年の夏休みに原付免許を取得し、HONDA CB50の中古を3万円で入手した。当然バイトで稼いだお金である。ただ、大学には持って行ってはいけないという親からのお達しがあり、律儀に言いつけを守りバイクは実家に保管。帰省したときにだけ乗るというシステムであった。

ただこのバイク様、静かに車庫に鎮座していたわけではない。当時高校生の弟が勝手に免許を取って乗り回していたのだ。いや免許を取る前から乗り回していた節がある。高校に知れたら停学モノ! ついでに言うとこいつ高校卒業時に中型自動二輪を一発試験で取りやがった。大学入学と同時にYAMAHA-RZだったと思うのだが250ccの新車を買ってもらい大学に持って行った。

うーん、この差は・・・と思いながらも学力の差による学費を考えれば新車のバイクくらい当然か・・・オヤジは、名前を漢字で書ければ合格できる私立大、弟は日本屈指の旧帝大でしかも学費免除!

なんだかドラマにでも出てきそうなシチュエーションで、ここから兄貴は一念発起して弟を上回る社会人に成長していく・・・とならないのが現実の世界なのですな。

めでたしめでたし!深く考えるのはやめにして・・・

次に続く...

f:id:sayacinta819:20150430151146j:plain

出典:web.よりコピペ