子供の心を持ったおやじ56歳

50歳を過ぎて何にでも興味を持って手を出すおやじのお話しなのだ。

11時限目

11時限目

この時間はA,B,Cコースでこれまで練習してきたことの総仕上げ。

まずはAコース!ちょっと待て!出る前に頭の中で反芻。あれ?あっそうか、ここはこう行って・・・あれ?・・・大丈夫ですかと教官。あっはい、大丈夫です・・・たぶん・・・!と、知らない人が見たら必ず避けて通るであろう変なオヤジの独り言と動きでコースの確認を行った後、いざスタート!

うん、なかなか良い感じ!スラロームは少しぎくしゃくするが、なんとかクリア。波状路はバランスを崩しかけコースアウトしそうになったがなんとかこらえた。

S字、クランクは問題ない。踏切OK。一本橋、ちょっとふらついてバランスを崩しそうになるがぎりぎりクリア!外周を廻って急制動。手前で43km/h、アクセルを戻して急制動。後輪のロックもなくいいんじゃねぇの!?

坂道発進も難なくクリアした後スタート位置へ戻る。

ニュートラルにしてエンジンを切って降りる。スタンドを立てて終了!

教官曰く。最後、降りるときにバランスを崩してガッシャーンとしたらアウトだからね!だと。そこまで完璧でも最後で大どんでん返しとなれば目も当てられない。それだけは避けなければ、と心に誓うのであった!

それと、続けて教官曰く。急制動の時のスピードが40km/hに達していなかったとのこと。

あれ、確認したつもりであったが、急制動位置に入る直前でスピードが落ちすぎたようである。停止位置までは余裕があるので、次は少し速度オーバー気味でやってみようと思った。

B,Cコースも含めて総合練習でこの時間は終了。

次は来週金曜日の最後の時間、久々の夜間である。

12時限目が規定の最終時限なので2段階のみきわめである。OKであれば翌日の土曜日が卒業検定ということになる。

ようやくここまで来たか、と感慨深げに物思いにふけっていたが、気を取り直して後1週間がんばらねば!と心に誓うオヤジであった!