子供の心を持ったおやじ56歳

50歳を過ぎて何にでも興味を持って手を出すおやじのお話しなのだ。

9時限目

9時限目。

シミュレーターとビデオ鑑賞。

この時間は2階でシミュレーターをやるそうな!昔取った中型の時はなかったど~・・・!!

どんなものなのかわくわくどきどき!!

う~ん!なんかゲームみたいやねぇ・・・

二輪の場合、路上教習がないのでシミュレーターを使った模擬路上教習なんだとのことで、様々な危険要因等がプログラムされてるそうな。

事故を回避する走りをしてもよし、事故ってもよし、好きなように走っていいようだ。

どのようなところにどのような危険が潜んでいるかを認識して、路上では常に危険を予測しながら安全運転を心がけましょうということのようですな。

酔う人がいるそうで、気分が悪くなったら言って下さいとのこと。

じゃあ、さっそくいってみよ~!

最初に練習!なんか上手く操作でけへんなぁ・・・ゲームって苦手なんだよなぁ~なんてひとりごと言ってたら、教官がこれはゲームではありません!だって。

まぁ事故っても良いようだから何とかやってみるべ・・・てなわけでいざスタート!

交差点や物陰での視野が非常に狭いので妙に怖さがありますなぁ!

何かが出てきそう・・・!!ほら、やっぱり車が出てきたではないか!

シミュレーターの指示に従い走るのだが、ここでもやはり右左がわからなくなった。

次の三叉路を左に曲がってとの指示に右に曲がってもうた!コースが違います・・・とのナレーションと供に振り出しに戻る!

最初から再スタート。

1回目のパターンはそれなりにクリア!

2回目のパターン!

二車線の走行車線を走っていると、追い越し車線を車が追い越していく。と思ったら交差点で追い越し車線からいきなり左折してきた。急ブレーキをかけたが止まれずガッシャ~~ン!!みごとな事故でした。運転手の胸ぐら掴んでコノヤロー・・・!とやりたいところであるが、おそらく体操選手でもできないような空中回転をしながら10数mくらい飛ばされて頭から落ちて意識不明・・・といったところでしょうか。

2回のシミュレーションを行った後、最初からの走りを再生して検証。

なるほど、そういうことができるのね!と感心しながら教官の説明を聞く。

気分はいかがですか?の問いに、特に問題なしとは言ったがなんかちょっと体が現実世界を離れているような感じ。

シミュレーションはここまでで、次はビデオ観賞。と言ってもAVではない。色気もなにもないお堅い映像で、二人乗りについての説明であった。睡眠剤にはちょうどよいのだが・・・。

 

昔、若い頃友達のケツに乗っけてもらったことがあるのだが、緩やかなカーブに差し掛かっても曲がる気配が無く、どんどんセンターラインに近づいている。なんか本能的に危ないと直観したのだろう思い切って体を内側に倒して後ろだけの体重移動で何とか曲がったことがあった。ヘルメットを殴って注意喚起をしてやったのだが・・・

こいつ寝てたようである。その後二度とそいつのバイクには乗らなかったのは言うまでもない。

話が脱線したが、二人乗りについてはそこそこの経験・・・自分が乗せたことはないが・・・があるので特に問題は無いであろう・・・と勝手に思っている。

 

次は1週間後の土曜日、2時限分の予約を取って本日は修了。

A,B,Cコースを覚えてきてね!だとさ・・・