子供の心を持ったおやじ56歳

50歳を過ぎて何にでも興味を持って手を出すおやじのお話しなのだ。

3時限目

水曜日の19時半・・・初めての夜間練習である。

この時間はAT車で遊ぶとの事。SKYWAVE650ccが教習車。HONDA-NC750よりでかい。

昔250や400ccのスクーターには試乗したことがあるが、大きさが違う。

「では車庫から出してみましょう」との教官の指示でバックで出す。お・おも~~い!反対に倒さないように腰で支え・・・潰されそうになりながらもなんとか倒さずにサイドスタンドを出して一段落。ふいー汗びっしょりでんがな。こんな扱いにくいバイクは興味なし。

と思いつつ、「じゃあ乗ってみましょうか」との声で教官の後に付いて行く。

お~~結構おもろいカモ・・・安定性が悪くホイルベースが長い分曲がり難いとのことであったが、S字もクランクもスーイスイ!おまけにスラロームも思いきって倒してアクセルワークで立ち上げ・・・意外とできるじゃない!こりゃおもろいぞ!教官の後を付いて何回か行ったが全て上手くいった。次に一本橋。これも結構いける。全て落ちずに達成。アクセルコントロールがし易い。教官の後を負けずに付いて行ってこの時間は終了。

おもろかったぞ!

教習終了後、コース図を何枚か渡された。「とりあえずAコースを次までに覚えてきてね」

と教官。次は土曜日で2時限の予約を入れるので、最後の時間は1段階の見きわめになるとのこと。

元々無い記憶力が更に衰えているため、仕事そっちのけで何回も繰り返し一生懸命覚えるのであった。

・・・